水引の種類・色・意味について

Home  /  豆知識  /  水引の種類・色・意味について

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

水引の種類と材料


水引とは、祝儀袋や不祝儀袋、贈答品の包み紙に掛けられる飾りの紐のことです。
現在では、水引で作った鶴や亀、松等の飾り、兜等の大きな置物、ブローチや髪飾り等の装飾品も人気があります。

水引は、紙縒り(こより)に水糊を引き、乾燥させて固めたものに着色、または着色した紙や絹糸等を巻いて作られ、現在は、手作業のものと機械で作られたものがあります。


水引の起源と歴史


水引の起源は、飛鳥時代、隋に渡った遣隋使の小野妹子が帰朝の際、追随した隋の使者の貢物に、心のこもった献上品であることを意味する、紅白に染めた麻紐が掛けられていたことに端を発するとされています。

元々、古来日本では、祭祀の折、神へのお供え物に藁(わら)等を束ね、結ぶという風習がありました。
当時の日本は、中国の文化や政治に多大な影響を受けていましたから、宮中への貢物や貴族の間での贈り物に紅白の麻紐を掛けるのが習慣になりました。

当初、この紅白の麻紐の名称は、高級な口紅を染料としていた為、「くれない」と呼ばれていましたが、平安時代以降には、麻紐を着色した水に浸して引きながら染めるという作業工程から、「水引」と呼ばれるようになったといわれています。
後に、材料が麻紐から綿糸、室町時代には紙に変わり、これが、現在の水引の原型となりました。

宮中での贈答品に用いられてきた水引も、江戸時代には町人文化が栄え、進物の一般化に伴い、武家や裕福な商人が使用するようになりました。


水引の産地と現在


和紙の産地である長野県飯田では、評判のよい飯田台帳紙を活用し、髷(まげ)の根元を束ねる「元結」(もとゆい)を製造していました。
美濃国の紙漉き職人・桜井文七(※)を呼び寄せ、更に改良を加えると、「文七元結」ブランドともいうべき丈夫な元結が開発され、その名を全国に轟かせました。
同様の素材・製法で作られる水引も、元結の普及と共に全国の和紙の産地で生産されました。

※桜井文七は、江戸に出た後、「文七元結」が髪結床で評判になり、元結の卸問屋を興し成功したといわれています。
その卸問屋で代々「文七」が襲名されていたのを知っていた三遊亭圓朝(えんちょう)が、「文七元結」(ぶんしちもっとい)という創作落語のモデルにしたとされています。

明治に断髪令が発令されると、元結の消費量は減少しましたが(現在でも力士の大銀杏に飯田元結が使用されています)、大正時代に「加賀水引」を確立させた石川県金沢の津田左右吉が花や鶴、亀等の立体的な折型の細工飾りを考案し、従来の祝儀袋に用いられる平面的な水引飾りを芸術分野にまで昇華させました。
昭和に入ってからは、用途に応じて様々な結び方が考案されたり、結納飾りを中心に、贈答品に花を添えたりと、活躍の場を広げました。


水引の色


古代、神様への供物を束ねるのに使用されたのは、神聖な色とされる白一色だけでした。
平安時代に紅白に染め分けた麻紐が宮中への進物を束ねるのに用いられます。
この赤色は、紅花から染められたもので、緋色とよばれました。

宮中で使用された水引は、「紅井水引」(くれないみずひき)といわれ、玉虫色をしていました。
濃い緑色になるまで幾度も紅花で染め上げられた貴重な色です。

江戸の終わり頃には、「艶紅」(つやべに)と呼ばれる紅花色素を梅酢で分解した色素が重宝がられました。
水を含むと赤色に見えますが、唇に塗ったりして乾燥すると、赤色の純度が高く赤い光を吸収するので、反対色の緑がかった玉虫色に光るそうです。

手間隙が掛かる為、非常に高価で、同じ重量の金と同じ価値があるとされていました。

現在では、この色は皇室の行事や婚礼の儀等でしか使用されていない為、一般人が目にする機会はほとんどありません。
紅白(こうはく)は、紅井(くれない)を指し、一般人が紅白としているのは間違いで、赤白(あかしろ)なのだそうです。
紅井水引は、一見、黒に見え、よくよく見ると緑っぽい玉虫色をしていますが、手で触るとその部分が紅色に見えるそうです。

現在でも京都の不祝儀には、黄色と白の水引が使われます。
宮中への献上品に掛けられている紅井水引の色と間違えないよう、黒白の水引は避けられていたことに由来するとされています。
黄色は、黒の次に尊い色だとされています。

紅白


赤白の水引は、出産や入学、卒業、就職祝い等、婚礼以外のお祝い事に用いられます。
赤は魔除け、白は神聖で汚れがないという意味があります。

金と銀

結納や結婚祝いには金と銀の水引が使われています。
赤白と同様の使い方をしている地域もあります。
戦争が始まり、金銀は贅沢品であるとされ、織物に金銀の糸が使用出来なくなりましたが、その頃、一般的に水引の使用が定着していたこともあり、戦時中であっても金銀の水引はそれまで通り、販売されていました。

黒白


黒白、黒銀の水引は、京都や京都文化の影響を受けた一部以外の地域で、香典等の仏事に用いられています。
明治以降、西欧文化において黒が喪に服す色とするのに由来、使用されています。

双銀

双銀も同じで、女性が香典を出す際やキリスト教形式の時にも用いられるそうです。

双白

双白の水引は、神事で用いられます。

陰陽道において、正面から見て右側が陰で濃い色の水引を、左側が陽で淡い色の水引を用いて結びます。

水引の結び方


大きく分けると、「花結び」(蝶結びや行結びとも)と「結び切り」(本結びや結び留め、真結びとも)の2種類があります。

結婚以外の出産や入学祝等の「何度あっても良い事」には、何度もほどいたり結んだり結び直しが出来る花結びを用います。
香典や法要、病気見舞い、快気祝い、結婚祝い等の「何度もあってはいけない事」には、一度だけで繰り返さないという意味をこめて、二度とほどけないほど、かたく結ぶ結び切りを用います。

結びきりの変形として明治以降に考案された、一度結ぶと簡単には解けないあわび結び(相生結びやあわじ結びとも)は、水引の色を使い分けて、慶弔共に用いられています。

同じく結びきりの変形で、目尻の皺ができるまで末永く添い遂げて欲しいという願いを込めた「老いの波」や結び切りの「切り」を嫌い、輪をかたどった「輪結び」(日の出結びとも)は、結納や結婚の際に使用します。



水引の本数


五行陰陽説で、偶数は陰数、奇数は陽数とされていることから、慶事には奇数の5本で結ぶのが基本です。
3本は、5本を簡素化したもので、7本は5本を丁寧にしたものです。
10本結びは偶数と捉えず、5の倍数の二重の陽結びとし、また、両家が手と手を結び合っていること、数の十から充分に満ちていることを意味し、婚儀に用いられます。
9本は奇数ですが、「苦」に通じるので、縁起を担ぎ用いられることはありません。

弔事は、2,4,6本の偶数を使用します。



水引飾りの意味



松は、常緑針葉樹であることから、長寿と健康、繁栄、実り多い人生が永久に栄えるようにとの願いが込められています。

竹は、まっすぐ成長した様子、弾力があって折れにくい性質から、潔白、節度を表します。
また、人生が曲がることなく、竹のようにまっすぐな成長をお祝いします。

梅は、寒い冬に耐え、春に先駆け花を咲かせることから、忍耐強く、実を結ぶようにとの願いが込められています。

鶴は、長寿の象徴であり、一生涯同じ番(つがい)でいることから、節操の意味もあります。

亀も同様に長寿の象徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です