新米幹事さん必見!!送別会プレゼントに外せない3つのポイント

Home  /  未分類  /  新米幹事さん必見!!送別会プレゼントに外せない3つのポイント

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

この頁を読まれているのは、大部分が送別会の幹事をされる方、幹事のお手伝いをされている 方が多いのではないでしょうか。 持ち回りに幹事の担当が決まっている、新人が幹事をやると決まっているので仕方なく、という方は、 どんなものを贈ったらいいのか、頭を抱えていることでしょう。 または、幹事に適任な性格でいつも任されている、自分が言いだしっぺなので幹事を任された、という方は、 プレゼントが毎回重ならないように、マンネリにならないように、プレゼント選びも慎重になっているかと思います。 送別会のプレゼントは、自分が恋人に誕生日のプレゼントを渡すのとは訳が違います。 恋人の好きなブランドや色の好み、果ては今どういうものを欲しがっているのかは、 普段からアンテナを張っていれば、自ずと分かってくるものです。 予算も自分で都合がつくので、努力も出来るし、諦めもつきます。 送別会で贈るプレゼントは、何でもいいから買ってきて渡すという訳にはいかないから悩むのですね。 まずは、送別会のプレゼントの絶対に外せない3つのポイントをみていきましょう。

【ポイント1】予算

予算とタイミング

電卓1

当たり前ですが、予算は、ポイントとして外せません。 人数×金額から、予算は割り出しているという幹事さんも、ちょっと待ってください! 個人的にプレゼントを渡すことにしました、と急に抜ける人がいて、予算が思いがけなく減ってしまうケースや きっちりした金額が好きで、不足分を足してくれたり、多めに出してくれる上司がいて、 思いがけなく予算が増えてしまうケースがあります。 前者のガッカリ感は半端のないものですが、後者も予算の幅が広がった分、 プレゼントの再考を余儀なくされる点においては同じことです。 そして、どんな会社にも否定的な人がいます。 基本的にケチか去る人との仲が悪く、お金を出し渋る人にも、予算の出しやすい金額を 提示出来ると良いですね。 上記のようなことを言いそうな人に、これだけ集めて、 いつ、何を買いにいくつもりだと、さりげなく言っておくのは 重要なことかもしれません。 そして、買った後は、全員に、購入した旨を伝える配慮があると尚良いでしょう。

予算の決め方

pink電卓

初めて幹事をするという方が、予算について頭を悩ますのは、 1人当たりどれくらい出してもらったらいいのかということではないでしょうか。 〇日に〇円回収しますので、ご用意くださいと、先にメールや回覧で告知するにも、 幹事がいくらと決めなくてはなりません。 会社全体か部署毎か仲のよいグループ単位なのか、人数によって、 また、どの程度の付き合いがあったのかで、予算は左右されます。 プレゼントの希望が聞けるような間柄なら、もう予算は決まったも同然ですが、 サプライズで驚かせたい場合だと、本人に何が欲しいか聞く訳にはいきません。 もし仮に、何が欲しいか、本人に直接聞いたとしても、私にも経験がありますが、なかなか言えないものです。 なぜなら、予算がいくらなのか聞く訳にいきませんから、遠慮というより、答えようがないのです。 ここは、やはり幹事の采配にかかってきます。 

予算が決まっている場合

ok

会社でルールが存在する、前回の人と同様の額で決まっているという場合は、 先に予算ありきの話なので、頭数で割って1人分を算出できます。 例えば、5000円のものを贈るとしたら、部署内に10人いるとすると、1人当たり500円になりますね。 予算別→こちら 先に贈るプレゼントを決めて、頭数で割って、1人分を算出する場合も、上記と同じです。 懇意にしている方に、高品質なものを贈りたいとすると、 30人の部署ですと、1人当たり1000円で、30000円集まります。高品質なプレゼント→こちら 取引先や外注先の方が、プレゼントをするなら参加させてほしいと言ったとして、合計60000円になり、すわ、ブランドものが買える! と喜んではいけません。 いくら人数と予算が潤沢に確保出来たとしても、もらった本人が困惑するほど、 非常に高い品物を贈るのは考えものです。見るからに高価なものだと、恐縮してしまうからです。 新しい環境の中、準備や何やらで忙しい身の上の人に、プレゼントのお返しで頭を煩わせるのは絶対にNGです。 なんでも相場というものがあり、度を越すと、幹事としての一般常識を疑われる事になり兼ねません。 お返しを気にしない、気にならない、気持ちのいいプレゼントを選びましょう。 逆に、昵懇ではない間柄なら、1人当たり、200円~300円と予算を抑えることによって、相手方も気を遣わなくて済みます。 気軽なちょっとしたプレゼント→こちら また、人数が少ない場合も同じで、大変お世話になった方へ贈るなら、一人一人が奮発して出してもいいですし、 そんなに親しくない関係なら、メッセージカードや寄せ書きに参加するだけでも十分だと思います。 

予算も何も決まっていない場合

ダメ

しかし、会社で特に決まった金額はないし、プレゼントもまだ決めていないし、結局いくらの物を贈ったらいいのか 分からない!という幹事初心者さんは、まず、みんなからいくら徴収したらいいか、相場を知りたいところでしょう。 迷ったなら、ズバリ、少人数・若年層・親しくない間柄なら合計3000円~5000円、 多人数・上司・親しい間柄なら5000円~15000円が妥当だと思います。年齢別→こちら かなりの幅がありますが、これは年齢や役職、親しいか親しくないか、 プレゼント代とは別に、送別会があれば、その会費で負担が大きくなる訳ですから、 送別会のあり、なしでも大きく変わってきます。

予算とバランス

支出

お金のことを先にするのは嫌らしいかもしれません。 ですが、何をするにも先立つものはお金です。 高価なものやその人の好みのものを贈れば、大概の人は喜ぶとは思いますが、 限られた予算の中ではそうも言ってられません。 送別会のプレゼントでは、折り合いをつけるということも大事です。 また、何も考えないで選んでいいものでもありません。 幹事は、皆さんからお金を回収し、委託された訳ですから、責任があります。 余り安価なものを選ぶと出資者に恥をかかせることになり兼ねませんし、 余り高価なものを選ぶと相手方に余計な気を遣わせてしまう結果になります。 本人の好みや年齢、役職、親しさの度合い、出資者の負担のバランスを考えた上で 幹事さんは慎重に予算を組み立ててくださいね。

【ポイント2】期日

カレンダー

仕事や用事で忙しいからといってプレゼントをなかなか買えずにいると、先述したように、 あっちのグループでプレゼントを用意するみたいだから、こっちのグループからは抜けると言われて、 予算が思いがけなく減ってしまったり、半端な数字を嫌う上司が多めに出してくれ、逆に多くなったりして、 せっかく決めたプレゼントの選考がやり直しになるという羽目になり兼ねません。 また、あなたが素敵だと思う商品は、他の人にとってもきっと素敵でしょうから、 狙いを定めていた商品が売り切れたりすることも十分考えられます。 また、ぐずぐずしている幹事をじれったく思って、お局様的な存在の方やお世話好きな人が、 自分の好みや余りにも高価なものを推挙し出したら、 幹事として、予算や相手の好みを考慮した上で、きっぱり断らなければなりません。 もちろん、適切なアドバイスを頂けるなら、素直に従いましょう。 もし、プレゼントのことで悩んでいるなら、率先して相談してみましょう。 そして、いつ、これを買いにいくと、タイミングをみて、出来れば宣言するといいでしょう。 後からごちゃごちゃ言われることもないし、周りの人も納得してくれるかもしれません。 ともかく、何事にも期日というものがあります。仕事に忙殺されて、ギリギリまで放置するのはNGです。 熟考するのはいい事ですが、これと決めたら行動を起こしましょう。

【ポイント3】好み

びっくり喜ぶ

これも当たり前のことですが、プレゼントを贈る上で、本人の好みを知っていたらこれは強みです。 直接聞ければ、それに越したことはないのですが、サプライズでビックリさせたい場合や、 予算を超えるものを指定されたら困るような予算が少ない場合は、逆に本人との接触を避けたいところです。 しかし、結局、送別会のプレゼントにハズレはない! のです。例えば、地味な色のものを好む人に、明るい色のものを渡すのは大変な冒険ですが、アリです。 無難にど真ん中を狙って贈るのも、勿論アリです。 誰しも、自分のお金で購入するのとは違って、絶対に失敗しないプレゼントを期待している訳ではありません。 そこには、今まで苦労や喜びを共にしてきた仲間が、考え選んでくれた事を理解し、そしてみんなの真心がこもっているからこそ、嬉しいのです。 大まかに言うと、送別会のプレゼントでは、何を贈られても嬉しいのです。

もらって嬉しい

真心を込めて買い求めたプレゼントには、ズバリ、大きなハズレは無いと言っていいでしょう。 とは言っても、プレゼントをする側からしたら、喜んでもらいたいし、使ってもらいたいものです。 今までの会話やライフスタイル、先方の家族構成、趣味等から、その人の好みを推測することは可能ですが、 独りよがりにならず、周囲の人に相談してアドバイスを受けるといいでしょう。 以前、こういうものが欲しいと本人から聴いた事があるという誰かが、情報提供してくれるかもしれません。 本来、贈る側が何を贈るか考えている時は、貰った人の喜ぶ顔を思い浮かべ、楽しくてワクワクするものです。贈って嬉しい、贈られて嬉しいものです。何を贈るか考えすぎて難しくする必要はありません。 とは言っても、自分からも誰からも何もアイディアが出ない、お手上げ状態になった場合は、贈られる人の年齢やシーン別(退職・異動、 結婚・出産等)男女別、予算別にランキングがありますので、参考にしてみてください。

こころ温まる世界でたったひとつのプレゼント

名前詩の感謝家で!! kansyaya.com namae

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です