書家紹介

Home  /  書家紹介

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

雅号 涼雨(りょう)先生

ryo

美術に没頭していた10代に、書道と出合い、以来、35年間、毎日書き続けています。

自分流の書、アート的な書を確立する為、日々精進して参ります。



感謝家のスタッフさんと詩の作家の先生と打ち合わせをした上で、

贈る方の気持ちに寄り添い、心をこめて一文字一文字、丁寧に書きたいと思っています。

ryo_aryo_b

雅号 青竹(ちくせい)先生

tikusei

幼少期に、祖母と母から手習い程度で教えてもらっていたのが、

学生時代に書展に行ったのがきっかけで、書に目覚め、心に浮かぶまま筆をとる毎日です。

本来は、理数系で、文字をより美しく見せる表現方法を模索中です。

tikusei_a